自民党 愛媛県議会議員

愛媛県議会議員 中田ひろし

地域活性化対策特別委員会開催

◎企業振興部  新ふるさとづくり総合支援事業費 109,748千円
        移住・交流促進事業費 4,211千円
◎経済労働部  農商工ビジネス連携促進事業費 8673千円
        「販路開拓」東アジア営業戦略強化事業費 23,443千円
          ・香港、シンガポール、台湾、タイに於いて現地商社を活用し現地飲食店を中心とした販路開拓活動を強化する事業費            ・繊維商品高付加価値支援事業費
        企業誘致アクション事業費 7,420千円
        瀬戸内しまのわ2014実施事業費 123,360千円
        しまなみ海道・国際サイクリング事業費 130,045千円
        南予観光ステップアップ事業費 6,227千円
        雇用対策室 78,396千円
◎農林水産部  6次産業化活動支援事業費 49,539千円
        畜産物ブランド化 13,659千円
        みかん産地生産支援 29,070千円
        農地中間管理事業 107,344千円
        原木しいたけ消費拡大緊急対策事業費 4,000千円
        主伐推進緊急再造林対策事業費 193,868千円
        水産物輸出促進事業 9,304千円
        新たな養殖魚種生産技術開発試験費(マス)
◎土木部    愛媛マルゴト自転車道整備事業費 849,778千円

  等、平成26年度の地域活性化関連の31事業について理事者から概要説明がありました。
  その後、瀬戸内しまのわ2014の来場者数についての質問があり、
  目標来場者数を80万人とする中、県内には計91,881人(4月23日現在)
  訪れ好調な出足であるという説明がありました。

  私は、04年のえひめ町並博・12年のえひめ南予いやし博のイベントの成果を質問しました。
  計160以上の住民自主企画イベントを開催し8割が現在も実施しているとの回答を頂きまし
  た。
  瀬戸内しまのわ2014で行われるイベントも一過性で終わることなく継続できるよう、
  愛媛県の物心両面の御支援とご協力を要望致しました。

自民党へ愛媛県議会へ