自民党 愛媛県議会議員

愛媛県議会議員 中田ひろし

活動報告

街頭演説

愛南町内の緑新鮮市・しんばし・AMAXさん前にて街頭演説を行いました。
南海トラフ巨大地震に備えての防災減災対策、医師不足対策
南予の一次産業・農林水産業の強化、社会福祉、老人福祉、教育問題などについて
お話しをいたしました。


地域活性化対策特別委員会開催

◎企業振興部  新ふるさとづくり総合支援事業費 109,748千円
        移住・交流促進事業費 4,211千円
◎経済労働部  農商工ビジネス連携促進事業費 8673千円
        「販路開拓」東アジア営業戦略強化事業費 23,443千円
          ・香港、シンガポール、台湾、タイに於いて現地商社を活用し現地飲食店を中心とした販路開拓活動を強化する事業費            ・繊維商品高付加価値支援事業費
        企業誘致アクション事業費 7,420千円
        瀬戸内しまのわ2014実施事業費 123,360千円
        しまなみ海道・国際サイクリング事業費 130,045千円
        南予観光ステップアップ事業費 6,227千円
        雇用対策室 78,396千円
◎農林水産部  6次産業化活動支援事業費 49,539千円
        畜産物ブランド化 13,659千円
        みかん産地生産支援 29,070千円
        農地中間管理事業 107,344千円
        原木しいたけ消費拡大緊急対策事業費 4,000千円
        主伐推進緊急再造林対策事業費 193,868千円
        水産物輸出促進事業 9,304千円
        新たな養殖魚種生産技術開発試験費(マス)
◎土木部    愛媛マルゴト自転車道整備事業費 849,778千円

  等、平成26年度の地域活性化関連の31事業について理事者から概要説明がありました。
  その後、瀬戸内しまのわ2014の来場者数についての質問があり、
  目標来場者数を80万人とする中、県内には計91,881人(4月23日現在)
  訪れ好調な出足であるという説明がありました。

  私は、04年のえひめ町並博・12年のえひめ南予いやし博のイベントの成果を質問しました。
  計160以上の住民自主企画イベントを開催し8割が現在も実施しているとの回答を頂きまし
  た。
  瀬戸内しまのわ2014で行われるイベントも一過性で終わることなく継続できるよう、
  愛媛県の物心両面の御支援とご協力を要望致しました。


今年度初の常任委員会

私が経済企業委員長になって初めての委員会が開催されました。
テーマは『医師不足の現状について』であります。
県立病院課長の説明の後、質疑に入りました。
県立病院医師の勤務状況の質問に対し
県内4病院の2012年度平均で1週間当たり超過勤務は14.7時間で年休取得は4.5日
「夜勤時は看護師への指導などで十分な仮眠もとれず、夜勤後に通常勤務に当たる場合も多い」
等の厳しい医師不足の現状の説明がありました。
その他に、県立病院の女性医師数・看護師不足等の質問がありました。
一年間、徳永副委員長と共に円滑な委員会運営に努めてまいります。


正副議長招宴

常任委員会の後
夜は、『正副議長招宴』が、いよてつ会館で開催され一時を過ごしました。
明比昭治議長と本宮勇副議長は、この一年間円滑な議会運営をされることと期待致します。


南予地方局意見交換会

宇和島市のほづみ亭にて、南予地方局の理事者の皆さんと
宇和島の県議4名と私とで、南予・宇和島市・愛南町の農林水産業の活性化などについて
意見交換を行いました。

自民党へ愛媛県議会へ